中小企業支援にGoogle広告のクレジット配布が始まる。最大1,000米ドル。

Google コロナ 支援

2020.5.29

本日より、Googleはプログラムの第1フェーズを開始し、対象となる中小企業に3億4,000万ドルのGoogle広告広告クレジットを提供する。世界中の選ばれた中小企業の広告に適応されるが、今回はニュージーランドの適格広告主がこのプログラムの最初の受信者となる。

COVID-19:Google広告中小企業の広告クレジット

 

Google広告が新型コロナの支援として広告クレジットを提供

Googleは新型コロナウイルスの大流行の際に、企業、医療従事者、組織、政府にサポートを提供することを目的とした取り組みを決め、その中で世界中の中小企業(SMB)に対し、3億4,000万ドルの広告クレジットを配布するプログラムの開始を決めた。

配布は世界中で段階的に行われる見通し。段階的に行われる理由は、Googleにとって初の試みであるため実施するためのシステム構築必要だからだろう。また、莫大な金額が動くので言語、通貨、法律のルールや承認に時間がかかると見られる。

対象や選定方法、通知方法について

対象となるのは、2019年の12か月のうち10か月間、および今年の1月または2月にGoogle広告アカウントを使用した、世界中の中小企業。その中でも、直接またはサードパーティのパートナーを通じてGoogle広告を掲載し、Googleの広告ポリシーを順守しているお客様となる。

選定はGoogleが行い、申請などはできない仕様となっている。

対象となる広告主には通知が送られ、Google広告アカウントで今後の広告に使用されるクレジットが表示さる。クレジットは、2020年を通じて、検索、ディスプレイ、YouTubeなどのGoogleエコシステム全体の広告、およびあらゆるキャンペーンタイプで使用できる見通しだ。

Googleは多くの期間に支援策を追加している

尚、Googleはこの支援策とは別に、コミュニティ金融機関やNGOへの2,000万ドルの助成金を拠出し、救済基金やSMB向けのリソースでPSAを実施しています。さらに同社は、「COVID-19の蔓延を防ぐ方法に関する重要な情報を提供する」ために、世界保健機関やその他の政府機関が利用できる広告助成金を当初の2,500万ドルから2億5,000万ドルに増やすと述べている。

Marketing Column

マーケティングコラム一覧へ

INFOMATION

bluuご案内一覧へ

ACCESS

合同会社bluu

  
設立2013年12月5日
本社東京都港区虎ノ門5丁目11番15号

代表 神武 弘徳