「ウェブに関する主な指標レポート」Google Search Consoleの新指標とは?

ウェブに関する主な指標レポート

2020.5.28

ウェブに関する主な指標レポートとは?

「ウェブに関する主な指標レポート」は、「サイトのスピード」に代わる新指標で、表示速度のみならず表示に関わるユーザーエクスペリエンスを数値化した指標のレポートとなる。

優れたユーザーエクスペリエンスを提供するために不可欠と考えられる指標であり、Search Consoleに独自のレポートとして2020年5月初めに初めて導入された。

Googleはこれらの指標をすべてのユーザーエクスペリエンスにとって「重要」なサインと見なしており、サイト所有者に共有することでWEBサイトの改善につなげようという狙いだろう。

参考:Googleによるページ読み込みスピードと直帰率のデータは以下の通り。

「ウェブに関する主な指標レポート」は従来のスピードレポートのリプレイス版として用意されている。従来のスピードレポートからのアップデートはその機能にある。
Googleによると、優れたユーザーエクスペリエンスを提供するために、サイトは読み込み対応、および視覚的安定性に関する指標を新たに用意している。

「ウェブに関する主な指標レポート」の重要事項3つ

具体的なデータで見られる3つの指標は、2020年の「ウェブに関する主な指標レポート」の重要事項を表している。

  • LCP(コンテンツ表示速度):表示に関する読み込み速度を測定し、ページのメインコンテンツが読み込まれた可能性が高いときにページ読み込みタイムラインのポイントをマークします。
    理想的な速度は2.5秒以上です。
  • FID(初回入力遅延):応答性を測定し、ユーザーが最初にページを操作しようとしたときに感じるエクスペリエンスを数値化します。
    理想的な測定値は100秒未満です。
  • CLS(読込中のレイアウト遅延):視覚的な安定性を測定し、可視ページコンテンツの予期しないレイアウトシフトの量を定量化します。(読込中に表示がガタついたり、遅延して読み込まれた画像によりレイアウトが変わったりすること)
    理想的な測定値は0.1未満です

Googleはこれらの指標を「ウェブに関する主な指標レポート」として個別に表示させることでSEOの基準のひとつとしていくだろう。Googleはコードの読み込みとは別にレンダリングも記録しており、診断指標としているためだ。

結果が「改善が必要」や「 低速」の場合

ウェブに関する主な指標レポートにて「改善が必要」や「 低速」と表示された場合は改善を行う必要がある。特に「低速」の場合は早急に手を付けたほうがいいと言えるだろう。

Googleが推奨している方法は以下の4点。

  1. ページサイズを小さくする。
    リソースを含めた 1 ページあたりのサイズを 500 KB 未満にすることを推奨。
  2. モバイルで最高のパフォーマンスを実現するには、ページリソース数を 50 に制限する。
  3. AMP を使用することを検討する。ほぼ確実に、モバイルとパソコンの両方でページの読み込みが高速化する。
  4. PageSpeed Insights テストツール(ブラウザ内ツールを使用する場合は Chrome の Lighthouse ツール)を実行して、修正内容をテストする。

これに加えてGoogle Chromeの要素を検証内の「Network」から読み込み速度が著しく遅いコンテンツを見つけるのも良い。GTMetrixのような外部ツールを利用するのも手だろう。

従来からページ読み込み速度がSEOに及ぼす影響はあったが、単なる読み込み速度だけではなくユーザーエクスペリエンスに基づいた「表示」に関して重要性がましたと見ていいだろう。

 

Marketing Column

マーケティングコラム一覧へ

INFOMATION

bluuご案内一覧へ

ACCESS

合同会社bluu

  
設立2013年12月5日
本社東京都港区虎ノ門5丁目11番15号

代表 神武 弘徳