Youtubeのある番組からプリングルズの広告が消えた。アメリカにおけるジャンクフード広告規制

Youtube アメリカ 広告規制

2020.5.25

アメリカのYoutube内の人気エクササイズ番組から「プリングルズ」の広告が撤退したらしい。
これ、どういうニュースかというと、米国では健康活動家なるものが存在するようで広告を取り締まったり苦情を入れたりしているようだ。

健康キャンペーングループの「塩と砂糖に関するアクション」と「子供向けフードキャンペーン」では、コロナウイルスのパンデミック中のすべてのメディアプラットフォームで午後9時までにすべての食品および飲料会社に、高脂肪、塩分、または砂糖(HFSS)が多い食べ物や飲み物を宣伝しないように促しています。

でコロナウイルス中にプリングルズのスナック菓子の広告が何十万の子どもたちや親に表示されたことから起きた騒動らしい。

現在のアメリカ政府の規則では、16歳未満の視聴者が25%を超える子供向けテレビやメディアチャンネルで「健康を害する可能性のある」製品を宣伝する飲食ブランドは許可されていないそうだが、YoutubeやWEB広告においては計測不能な部分が多いようでそこを付いたマーケティング展開をする企業があるんだそうな。

日本ではスナック菓子の広告やインスタントラーメンの広告に対し規制はほとんどない。一方で小児肥満の悩みを抱えるアメリカはこのような規制があることを知った。

おそらく日本でも子供が最も目にする広告媒体の一つであろうYoutube、広告規制に対する取り組みは重要になるだろう。

ニュース元:

https://www.theguardian.com/media/2020/may/21/kelloggs-pulls-pringles-advert-from-pe-with-joe-wicks

 

Marketing Column

マーケティングコラム一覧へ

INFOMATION

bluuご案内一覧へ

ACCESS

合同会社bluu

  
設立2013年12月5日
本社東京都港区虎ノ門5丁目11番15号

代表 神武 弘徳